ホーム > ドッグフード選びの基本 > ドックフードのドライ・ウエット・セミモイストの違いは?

ドックフードのドライ・ウエット・セミモイストの違いは?

ドックフードには様々な種類があり、主にドライタイプ、ウエットタイプ、セミモイストタイプの3種類あります。これらの基本的な違いは、水分含有量の差です。つまり、水分含有量が少ない順にドライタイプ(10%)、セミモイストタイプ(25~35%)、ウエットタイプ(75~80%)に分かれます。

水分が10%前後のドライフードは、その固さにより歯の健康維持に効果があるとされています。また保存しやすく、比較的安いのが特長です。ただし、形状を整えるために穀類が多くつかわれるので選ぶ際に注意が必要です。

水分が75~80%のウエットフードは、ワンちゃんの嗜好に重きをおいて作られたフードです。とくに水分補給が苦手なわんこに向いているフードと言えるでしょう。ただし、ウエットなため傷みやすく、開封後は冷蔵庫に保存して、早めに使い切るようにしましょう。

水分が25~35%のセミモイストタイプのフードは、ウエットタイプよりもさらに嗜好性が高く、まさに肉っぽい食感が魅力のフードです。やわらかいので歯が弱い老齢のわんこに特におすすめです。ウエットフード同様、保存がきかないので注意が必要です。そのため、合成保存料が添加されているケースもあるので選ぶ際は気をつけましょう。


関連記事

  1. 犬に食べさせて良いもの悪いもの その2

    人の食べものの中には犬に食べさせてはならないものもあります。このページでは犬に絶...

  2. 犬に食べさせて良いもの悪いもの その1

    犬の健康維持のためにはバランスの良い食事が不可欠です。もちろんドッグフード主体の...

  3. 美味しすぎる食べものには注意しよう

    基本、犬は味オンチです。でも、たとえわんちゃんが味に無頓着であっても美味しい方が...

  4. 【コラム】犬の味覚について

    最近、犬の肥満が原因となって様々な生活習慣病を引き起こし問題になっています。ドッ...

  5. 安全なドッグフードの見分け方は?

    愛犬は家族の一員なので、できれば元気で長生きしてもらいたいもの。そのためにも、体...

  6. ドックフードのドライ・ウエット・セミモイストの違いは?

    ドックフードには様々な種類があり、主にドライタイプ、ウエットタイプ、セミモイスト...


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://food.11do9.com/mmmttt/mt-tb.cgi/16

コメントする